11≪ 2018/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
↓ポチっていただけるとヨダレ垂らして喜びますww
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
個別記事の管理2015-06-01 (Mon)
かれこれ中学生の頃から、第二次性徴を迎えて男性ホルモンのシャワーを盛大に浴びて身体のあちこちから毛が生え始めてきた頃からずっと『体毛が生えていることへの嫌悪感』がすごかったんです。
嫌で嫌で仕方なかった。
別に体毛のことでイジメられたとかじゃないんです。
純粋に嫌だった。
そんな頃からずっと体毛との戦いでした。

最低でも週に1回は全身剃毛。
除毛クリーム使ってみたり、ライターで炙ってみたり。
イソフラボンがいいと聞けば豆乳飲んだり豆乳のクリーム買ってみたり。
子どもながらにいろんなことを試してきました。
そんな苦労とは裏腹にどんどん体毛は濃く毛深くなっていくわけですが。
親も兄弟も私が無毛なのを特に気にしてませんでした。
なので、毛のない脚でも平気で短パン履いたりしてました。
そういう意味ではいい環境でした。
でも例えば合宿があったりする時は1ヶ月位前から剃らずに生やしたりしてごまかしてきました。

女装子期間を経て本当の自分に気づいた頃、もうわざわざ生やす理由もないので、ようやく家庭用光脱毛器「ケノン」を買いました。
フラッシュ脱毛器なのであまり強力ではありませんが、首下の脱毛はコレ1台でほぼ終わりました。
その後フラッシュ脱毛サロンでVIO含めて全身脱毛の仕上げをしてもらって首下はほぼ完成。
脚は自分で触っても気持ちが良いくらいつるつるすべすべを維持できています。満足。
まだVIOに撃ち漏らしで多少復活してるのがありますが、首下は99%無毛を維持。パイパン~(^_^;)

さて問題は『髭』です。
ケノンでもかなり頑張ったんですが最強レベルで打ち続けてもまったく刃が立ちませんでした。
四苦八苦している所に旦那様(当時はまだ彼氏でした)が誕生日に「トリア」をプレゼントしてくれました。
フラッシュのケノンと違ってトリアはレーザーです。同じ光脱毛の原理ですが、レーザーは光が集約されてるだけあってピンポイントで強力です。
ただ、、、めっさ痛いんです。
ケノンも痛いんですが、トリアの痛みは私が嫌いなタイプの痛み。
ケノン:太い輪ゴムでゴムパッチンされるような痛み。
トリア:少し太い針で突き刺されるような痛み。
それでも我慢して少しずつ撃ってましたが痛みが強くてなかなか進みませんでした。
鼻下はなんとか少し薄くなったかなと思う程度には進みましたが、顎や首周り、もみあげあたりは皮膚が薄いのか痛みが強烈過ぎてダメ。

で、結局トリアは諦めて、ようやく「医療レーザー脱毛」に踏み切ることを決意。
もちろん痛いんだろうけど、トリアの痛みとは少し違う痛さだという話が決定打になりました。
なにより自分ではなく他人にやってもらえるので、耐えられるかなと。
いろいろ調べて検討しましたが、最終的にはあるマイフレさんに紹介してもらった皮膚科でやってもらうことになりました。
そこは首下の部位は高いんですが、髭は格安だったのが決め手。(照射範囲が狭いからかと)

5/30土曜日。
朝一番9:00の予約で車で向かいました。
一番だから誰も居ないかと思ってたら、そこは普通に皮膚科の医院なので、普通の患者さんがわんさか待合室にいました。
治療(医療)ではなく美容なので、自由診療で保険証の提示は無し。
医院の先生から直接カウンセリング。
レーザー脱毛の仕組みやメリット・デメリット・危険性などレクチャーをいろいろ聞いて、機械で肌の色をチェックしてもらいレーザーの照射強度を決定。
ちなみにメリットは肌の色に応じて照射強度を決めているので肌への負担が少ない状態で最大限のパフォーマンスが得られること。
デメリットは、黒色に反応するので白髪には効かないこと、そして”痛い”こと。
いざとなれば麻酔も使えるけど、とりあえずがんばってみてくださいって。(^_^;)
看護師さんに連れられて別ブースのベッドに横になり、いよいよ開始。
ベッドの横にはドラム式洗濯機が回ってました。いかにも町医者!って感じ。
サロンやラウンジのような高級感とか落ち着いた雰囲気などは一切感じられません。(笑)

顔なので目の保護のため光の通らないゴーグルを装着。
まずは試し打ち。
2発だけしかダメということで、鼻下1発と顎下に1発してもらうことに。
いや、もう試し打ちだけで帰りたくなりました。(笑)
鼻下はトリアで少し薄くなってきてたからまだ我慢出来ますが、顎下は痛いというより激痛!
トリアが1本の針で刺される痛みなら、この医療レーザーはその針を20本くらいまとめて一気に突き刺す感じの痛み。
根性焼きされる痛みに近い。(なんで知ってる?ww
看護師さんに「耐えれそう?どうします??」と聞かれましたが、ここで引き下がるわけにもいかず、「がんばりますのでお願いします!」とファイナルアンサー。
心の中では碇シンジ「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」な状態。
全部で何発くらいで終わります??と聞くも、人によって違うからと答えてもらえず、カウントダウンしながら耐える作戦も不可能に。
いつ終わるか分からない恐怖。しかもゴーグルしてるから周りは見えないし。コワイヨー

いよいよ本照射開始。
コレ持っててください!と冷気の出るノズルを持たされました。
私は痛みを堪えるときに硬直するタイプのようで、最中はタオルを握りしめようかと思ってたのでちょうど良かったです。何かにしがみついてないと耐えられません!
毛の生えてない部分は黒い色素がないのでまったく痛くありません。熱さも何も感じない。
、、が、黒い毛根のある部分になると、もう激痛。熱いんじゃなくて激痛。
音も毛根が焼ける”ジュッ”って音が聞こえるんです、、、(>_<)
痛い時はビクッとなるので看護師さんも分かるみたいで、そういう部分は少し照射ペースを落としてくれます。
毛根の密集しているエリアを撃つ時は看護師さんが「ごめんなさいね、ごめんなさいね」って言ってくれるようになりました。(笑)
すぐ隣には別の普通の患者さんのブースがありますし、情けないうめき声上げるわけにもいきません。声も堪えて必死に耐えてました。
前もってトリアで多少なりとも薄くなっていた鼻下部分は他の未開拓エリアに比べれば痛みが少なかったです。
一番痛かったのは顎下や首の皮膚が薄い部分と毛が太く密集しているモミアゲ部分。1発撃たれるごとに身体がビクン!と反応しちゃいます。
呼吸を止めて堪えるので、たぶん1分に数回くらいの呼吸数になってたはず。
目処が付いてくると看護師さんから「あと5発~、4発、」ってカウントダウンしてくれるようになり、そのエリアが終わると少し休憩させてもらえました。

打ち終わった後、ゴーグルを外すと涙がドバーっと溢れました。(^_^;)
背中は汗でぐっしょり。身体もずっと硬直してたので全身筋肉痛な状態。
めっちゃ疲れました。。。
看護師さんからも最後にまた「ごめんなさいね、お疲れ様でした!」って。私が好きで撃ってもらってるのに何度ごめんなさいしてくれるんだか。(笑)

綺麗に髭を剃ってきたのに、打ち終わった後に鏡で見させてもらったら顔中が毛根破壊されて押し出されてきた毛だらけになってました。
ほとんどの毛が2mm~3mmくらい。
ってことは、皮膚表面から3mmほどの深い所に毛穴があるってこと。
フラッシュ脱毛や家庭用レーザーではここまで深くまでは届かないってことなんでしょうね。
ある程度は拭ったりピンセットで抜いて毛を処理してくれましたが、素直に取れない毛もたくさん。でも痛みがなければお風呂でふやかしてからタオルで擦ったり自分でピンセットで抜くなりして処理していいとのこと。
取れなかった毛であまりにヒドイ状態なのでマスクもらえました。
事後冷却は特に必要なく、日焼け止めはしっかりしてくださいとだけ。
別のクリニックで脱毛後の人を見かけたことが合ったんですが、その人はアイスノンで必死に冷やしてたので、冷やさなくてもそのままでいいってのはちょっと拍子抜けでした。
確かに内部は熱を加えたので少しボコボコしてますが、表面も特に赤くなったりしてないし熱くもない。
肌にあった出力でやってもらえたのを実感できました。
消炎用のステロイドクリームももらえました。さすが皮膚科。
過度に荒れてきたらどこでもいいから普通に皮膚科を受診してくれと。

皮膚科出て、滅多に買わないコンビニアイスコーヒーを自分にご褒美。
一息ついて落ち着いてから運転して帰ってきました。
とても見せられた状態じゃないので1日マスクしてお買い物とかしてきました。
いつも普通に顔出しの人なので、マスクしてるとマスク女装してるみたいでちょっと変な気分。( =˘□˘= )

翌日は旦那様と温泉に行ってデトックス。
新陳代謝促進されて、肌の調子も一気に戻ってきました。
まだ皮膚の中に抜けずに埋もれてる毛がありますが、これが全部排出されれば1回目が完了。
どれくらい効果あったのかは数日経たないと分からないけど、あんなに痛かったんだから絶対効いてるはず。
トリアに比べても効いてる感は抜群です。
終わった後の抜け出てきた毛の量見ても分かります。あれはやっつけた毛根の証。
撃ち漏らしもあるでしょうし、発毛周期があるのでまだまだ何回か通わないとなりませんが、回を重ねるごとに毛根の量は減っていくので痛みも初回が一番痛くてだんだん痛くなくなっていくはず。
一番痛いと思われる初回が終わったので、少し気が楽になりました。

長年の髭剃りの手間や時間、肌ダメージ、シェーバーや髭剃りクリーム買ったりと、こういったことからようやく開放されると思うと、やっと一歩を踏み出せて先が見えてきて、ホントよかったです。( ﹡ˆoˆ﹡ )

自己注射の時に先生が言ってました。
「今後SRSなど大手術を受けるかもっていう人が自己注射ごときで何を怯んでいるのか」と。(笑)
確かにそうです。
脱毛の痛みくらい我慢できなくてどうする!!!
髭脱毛はみんなが耐えて通ってきた道。
私もがんばります。✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。
* Category : ムダ毛処理
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
↓ポチっていただけるとヨダレ垂らして喜びますww
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。