03≪ 2019/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
↓ポチっていただけるとヨダレ垂らして喜びますww
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
個別記事の管理2015-06-30 (Tue)
2015063001.jpg 2015063002.jpg 2015063003.jpg

コッソリとセクシーショットが混ざってますがww

・6/27(Sat)
ぐっすり眠って起きたら7時半過ぎ。
準備して朝食バイキングへ。
ここのホテルの朝食バイキンは前回からのお気に入り。
煮物やお魚がたくさんで和食が中心。品数の90%は和食かな。
洋物といえばカレーとパンとサラダくらい。
特に時間に追われてないのでゆっくりまったり。
前回と違って大陸系の人がいないので気分がいい。
準備して9時半頃ホテルをチェックアウト、出発。
向かうは昨日と同じく「道の駅 南飛騨小坂はなもも」の飛騨小坂ビジターセンターに10時頃到着。
写真データを受け取りに。バッテリー切れになるまでの数枚だけですけど、、、
今日の目的地はひめしゃがの湯ではなく「濁河温泉」。御嶽山の7合目、標高1800m。
沢登りガイドの地元民クマさんにも「運転がんばってくださいね」と言われるほどの山道。
道の駅から県道441で約1時間ちょい。
その間すべてが俗にいう山道。地図で見る限り直線は皆無!!(笑)
行きは旦那様ががんばってくれました。
道幅狭いしカーブでは対向車がまったく見えないので私も助手席でコドラします。
ナビがあると便利ですね。高低差はわからないけど次のカーブの深さが分かりますし。
ググルマップ万歳\(^o^)/!
でも難点は、、山奥過ぎてケータイの電波まったく入りません!!
山に入ってしばらくすると景色が一変してきます。
杉の木がなくなり白樺に。辺りは一面クマザサに覆われています。
山というよりもう立派に「高地」です。
人工物といえば道路と電柱と電線くらい。
見渡す限り何もありません。こんな大自然、久しぶりです。
天候が変わってガスの中を走ったり。
途中何ヶ所か道路脇の滝を見たり景色を堪能しながらドライブ。
もちろんジュース飲めるような余裕はありません。(^_^;)
ちなみに長野県側から来ればここまで道は酷くないらしい。。
11時45分、ついに「歓迎!濁河温泉」の看板に到達。なんだかホッとします。
複数の宿がある温泉地としては日本で最も高所にある温泉地だそうな。
道は1本だけでその沿線に温泉旅館が並んでいます。廃業や休業してる施設も多そう。
「市営露天風呂」があったので駐車場に停めて少し情報検索。さすがにケータイの電波は届いています。
入りたいお風呂は午後1時からということで、それまで別のところへ入りに行くことに。
一番上の「湯元館」へ。500円。
http://yumotokann.com/onsen.html
案内してくれた人が「男湯はこちら、女湯はこちらになります」って言ってたけど、やっぱり私は女湯?(^_^;)
ややこしくてごめんなさいね。
もちろん男湯です。はい。
私たち以外には1人居ただけで、途中で先に出て行ったのでそれからは完全貸切。
内湯と露天風呂と堪能。屋根のない露天風呂。雨が強かったので脇に置いてあった傘さして入ってきました。(笑)
13時過ぎにお風呂を上がって、車で行ける一番上の御嶽山濁河温泉登山口まで。雨の中の白糸滝も綺麗でした。
下って次はお目当ての「旅館御岳」へ。
http://www.ryokan-ontake.jp/category02/
1000円するけど、ここの露天風呂はすごいらしいということで。
その名も「渓谷露天風呂」。珍しく混浴です。まぁ私は混浴のほうが安心ですけどね。
館内から階段160段、高低差50m、距離250m、途中で断崖絶壁やトンネルのある通路?を通って渓谷露天風呂の脱衣場に到着。
男女別の脱衣場の扉の先は男女混浴の露天風呂。
私たち以外は誰もいませんでした。完全貸切。
13時50分頃入泉。15時20分頃に出ました。
誰も居なかったのでやりたい放題。キトリちゃんも温泉入ったり(事故)、裸の写真撮ってもらったり。(^_^;)
帰りは大変でした。階段160段登るんだもん。
上に到着した時にはぜーぜー言って膝はガクガク。
途中で男性1名とその後女性2名をスレ違いました。もうちょっとで貸し切りから混浴になっちゃうところでした。ホッ
日帰り入浴は16時まででまだ少し時間があるので内湯にも入ります。
ここは源泉を3種類引いてて、渓谷露天は1+2+3、内湯は1+2で泉質が少し違います。
こちらも先に1人いただけで途中で出て行って貸切状態に。
周りを気にせずのんびりできるのでありがたいです。
ここで旦那様が指を怪我しちゃいました。他の温泉地では温泉成分が固まってもなめらかツルツルが多いんですが、濁河温泉のはトゲトゲになるんです。
それで指をガリッと。。。イテテ
バランス崩して転んだりすると大惨事です。
内湯はささっと入って終了。
お風呂上がって、ホテルの売店でいろいろ見て回り、ロビーでアイスクリームで休憩。
濁河温泉の泉質ですが、ここもかなり強めのいいお湯だと思います。
ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩温泉。
ところが、ひめしゃがの湯の濃さに慣れてしまった私たちには、なんとなく物足らないんです。
なかなかこんな山奥まで温泉入りに来られないし、どんな泉質か気になってたので体験できてよかったかな。
でもこんなに苦労してまで来るほどではないとの結論。
16時半頃、濁河温泉を出発。
帰りは私の運転で。
ハンドル回しまくりで腕が疲れます。
17時半頃、再び三度、ひめしゃがの湯に到着。
まずは飲泉場で水汲み。
ポリタンク3つにひめしゃがの炭酸冷鉱泉を詰め込みます。間欠泉で水量が一定でないのでなかなか貯まりません。

ポリタンクを車に積み込んで、ちょっとだけ夕暮れ前の巌立峡へ。何度見ても荘厳な風景。吸い込まれそうです。
http://www.osaka-taki.com/explore_nature/gandate/index.html
で、結局お口直しに「ひめしゃがの湯」へ入ることに。
濁河温泉の湯上がり感台無し。(^_^;)
いいんです。ここのお湯が好きだから。
土曜日の夜ですのでさすがに人が多かったですが、気にしたら負け。
20時頃上がって、ひめしゃがの湯を出発。
向かうは再び昨夜も食べた「大安食堂」。さすがに2日連チャンなのでお店の人も覚えててくれました。
そういえばお昼食べてないんですよね。お腹ペコペコ。
今夜こそケイチャン。ギューチャンも。
最後はやっぱり焼きそばでシメ。うまうま。
また来ます!!!\(^o^)/
帰路。
食後にアイスコーヒーが欲しいと思いつつ、セブンイレブンを探すんですが、あるのはサークルK、ローソン、デイリーヤマザキ。配送ルートが組めないのかセブンイレブンがない。。
結局R41を半分くらい下ってきた川辺町に入ってようやくセブンイレブン発見。
アイスコーヒー買って休憩して、あとは慣れた道をひたすら南下。
帰着は23時半頃かな。
無事に帰ってきました。
とりあえず後片付けは明日にして、すぐさま就寝。
毎度のごとく旦那様はすぐさま湯当たりでダウン。
私は翌日日曜日の朝から夕方まで動けませんでした。
でもハードな行程の割には身体は楽です。温泉の効果が大きいようです。

いつもは予定を詰め込み過ぎちゃう私たちの旅行ですが、今回は沢登りとホテル以外は何も予定を組まずに行きました。
お城も1つも行ってないし。
でも行き当たりバッタリなこういう旅行も好きです。
楽しかった~!!
スポンサーサイト
* Category : 旅memo
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

和食バイキング * by 佐倉みゆき
和食のバイキングって、とってもうれしいょね♪( 〃▽〃)
みゆきも大好きです(^o^)v

↓ポチっていただけるとヨダレ垂らして喜びますww
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
個別記事の管理2015-06-29 (Mon)
2015062904.jpg 2015062905.jpg 2015062906.jpg

(その2)
雨が降ってる中、ウェットスーツを脱ぐとさすがに寒い!
芯まで冷え切った身体を温めにひめしゃがの湯へ突入。
水着状態のまま入店。もちろん沢登りツアーと提携しているので了承済み。
脱衣場で水着を脱ぎ捨てて温泉にドボン!!
いやもう天国とはまさにこのこと。(笑)
1時間ほどお湯に浸かって温まってきたらお腹が空いてきて、ひめしゃがの湯のレストラン「ひめ亭」で食事。
http://himesyagaspa.web.fc2.com/rest/
「ひめしゃがまるごと鉱泉定食」と「朴葉味噌定食」。
いつもは絶対に頼まないビールと枝豆も。
ビールは2人で生小1つですけど。(笑)
うちはこれでいいのです。
疲れた身体にビールは最高!枝豆も美味しかった。
定食は温泉のお湯を調理に使ったメニューでうまうまでした!
炭酸冷鉱泉なので、これで湯豆腐するとふわふわとろとろになって、お肉も柔らかくて旨味が増すようで、びっくりするくらい美味しくなります。お粥も美味しかったです。
http://himesyagaspa.web.fc2.com/aji/
ゆっくり食事して少し座敷で休憩。
、、のつもりが爆睡してしまって、起きたら夕方5時前。
まだ入り足りないのでもう一度温泉に入りに行きました。
お湯については前回同様最高の泉質でした!文句なし!
あ、唯一難点は源泉が吹き出してる露天風呂の湯船の表層が硫黄臭のする炭酸ガスに覆われてて肩まで浸るとガスの層に顔を突っ込んでることになるので酸欠で死にそうになること。(笑)
30秒もいると頭クラクラしてきて咳き込んでしまいます。膝立ちして胸が出るくらいの高さになれば大丈夫なんですが。。
夜7時半頃にひめしゃがの湯を離脱。

宿は30分ほど戻って下呂温泉街の外れにある前回も泊まったホテル。
このホテルにも温泉はありますし、下呂温泉もあるのですが、まったく見向きもしない私たち。
それくらいひめしゃがの湯の泉質はいいんです。
「成分濃すぎで賞」も受賞してる日本屈指の成分の濃い泉質。
ここに慣れてしまうともうほかの温泉では物足らなくなってしまいます。

・飛騨小坂温泉郷 巌立峡 ひめしゃがの湯
http://himesyagaspa.web.fc2.com/index.html



あ、ホテルに戻る途中、夕食をどうするかお店を探していて、国道沿いにふと見つけた「大安食堂」へ。
昭和の香りが漂う、まさに大衆食堂。

大安食堂 - 上呂/定食・食堂 [食べログ]
http://tabelog.com/gifu/A2104/A210403/21000415/

ケイチャンとマトンを頼んだはずが、トンチャンとマトンが出てきちゃいましたが、美味しかったから許す。(笑)
シメに残ったタレと絡めて焼きそば。
ウマウマでした!!


チェックイン前にコンビニでプリンや大福をゲット。体力回復のために高カロリー。
ホテルでは貸切露天風呂も予約してあったけど、ひめしゃがの湯でたっぷり堪能して満足だったのでもったいないけどパス。
ラブラブして就寝。

、、なんだけど。。
湯疲れで先に寝た旦那様。私は昨夜寝不足だったにも関わらずぜんぜん寝付けず。沢登りが楽しかったのでハイになってたのかも。
最初は同じベッドでゴロゴロしてたけど、もそもそ動くと旦那様起こしちゃいそうだったのでこっそり隣りのベッドに移動。
明け方に目が覚めた旦那様、横に私が居ないので、寝相の悪い私がベッドから落ちてるのかと思って床を探してたって。(笑)
私、寝相が悪い上にどこでも寝ちゃうから。。
というところで初日終了。
* Category : 旅memo
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
↓ポチっていただけるとヨダレ垂らして喜びますww
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
個別記事の管理2015-06-29 (Mon)
2015062901.jpg 2015062902.jpg 2015062903.jpg

前線の影響で雨予報だったけど予報降水量は0~1mm程度。
前日の18時半頃に少雨結構との電話連絡あり。

・6/26(Fri)
お友達の掲げてくれたてるてる坊主の効果でギリギリ降ってない。
朝5時に起床、朝食して準備して6時過ぎには出発。
昨夜調べた時は現地まで2時間半の表示だったのが今朝になって3時間半の表示に。
集合時間は8時50分なのでナビのルートではぜんぜん間に合わない。
本来ならR41を北上していくだけだけど、渋滞回避のためR21を北上して一宮木曽川ICから高速に。
東海北陸道を北上して美濃ICまで、そこから関金山線で北上。
渋滞もなくペースも早く走れてなんとか5分遅れで到着。
8時55分頃に集合場所の「道の駅 南飛騨小坂はなもも」の飛騨小坂ビジターセンターに到着。
今回の沢登りのガイドをしてくれるクマさんとやっさんにご挨拶。
さすがにまだ夏前の梅雨時期で天気の悪い平日。
今回の参加者は私たち2人だけのプライベートツアーになりました。
まずは簡単に装備や道具、ツアー内容についてのレクチャー。
着替えてしまうと終了まで脱げないのでまずはお手洗いへ。
まずは水着に着替えて、その上にセパレートのウェットスーツ上下、分厚い靴下、裏がフエルト生地の沢登り用足袋を装着。
どれもキツくて加圧トレーニングしてるかのよう。
ここから自分の車に乗って、解散地点の「ひめしゃがの湯」へ移動。
ひめしゃがの湯からガイドさんの車に乗って、いよいよ沢登り開始ポイントへ。
国有林なので無許可で入ることは出来ないエリア。
当然入り口には鎖でしっかり封鎖されていました。
車を降りて、グローブとヘルメットを被りライフジャケットを装着。
みんなでお互いの装備を確認して、まずは使用前の写真をパチリ。
終わった後は果たして笑顔かグッタリか?
実はもうこの時点で汗だくで結構グッタリ。(^_^;)

10時頃、スタート。
まずはいきなり山登りから。
沢に直接降りるルートがなくまずは小高い丘を超える。沢では抜群のグリップ力を誇る足袋でも湿った山道では滑る。
結構キツかったけど後から思うとこれがいい準備運動。
山から降りてさっそく入渓。
水温は14~15度と普通ならかなり冷たいけど、すでに汗だくで気持ちがいい。
川岸の水のないところを歩けばいいんですけど、沢登りにきているのでわざわざ水の流れてる真ん中を進みます。(*^^*)
この辺りは水深も浅いのでまだまだ余裕。曇り空だったけど新緑のトンネルや脇の岩肌を眺めながら沢を上っていく。
キレイな新緑、きれいな沢の水、マイナスイオンいっぱいの澄んだ空気、何かパワーを感じる岩肌。野鳥のさえずり。そして私たち以外誰もいない。日常では味わえない、すごく気持ちがいい空間。
しばらく行くと、いよいよ渓谷らしくなってきます。
巨大な岩がゴツゴツと。川幅もぐっと狭くなり、束ねられた水の水流も一気に勢いが増してます。
いよいよ本格的に「沢登り」の開始。
もう歩けるような場所はなくて、両手両足で登っていかなければならない状態。
例えるなら難易度の低いフリークライミングに近い状態ですが、なにせ重装備で身体が自由に動かせません。おまけにぐっしょり水分含んでて重たいのなんの。
三点支持を徹底してないと水流に身体が持って行かれて簡単に引き剥がされてしまいます。
途中、深くて流れが緩やかな場所で、岩の上からジャンプしてダイブ!!
ライフジャケットの浮力を利用してプカプカ浮いてみたり。
これがまた気持ちがいい!!
難所では、手足をかけるポイントを教えてもらいながらがんばって自力で登っていきます。
滝登りポイントでは安全のためザイルで確保はしてもらいますが、それでも自分で登ります。
危なさそうなポイントでもちゃんと最後尾についててもらえるので滑って流されても大丈夫。
いくつかの難所をクリアして、折り返しポイントになる15mの大きな滝に到着。
この頃にはもう足の付かない深い場所でも平気で突入できるくらいになってました。
普段なら滝の激流で修行してもいいそうだけど、今回は水量が多かったので滝の下に近寄るだけ。
それでも滝のしぶきの直撃を受けるとヘルメットを金槌で連打されてるかのような衝撃。
爆風が吹き荒れてて息することもできません。
滝にこんなふうに真下から近づいたことなんて初めてだったので感動でした。
あちこちで写真撮ってもらってるつもりだったのに、バッテリー切れでほとんど撮影できてないことが判明。ヾ(*`Д´*)ノ"
滝の下での写真もシャッター切れなかったって。。。orz残念
折り返して、下り。
下りは上りに比べればはるかに楽です。
飛び降りればいいんですから。(笑)
ザイルを確保して必死に登ったポイントも、高くて怖かったけどドボ~ン一発!
プカプカ浮かんで流されてみたり。
汗だくで疲れた身体にはこの冷たい水が気持ちが良いです。
あっという間に入渓ポイントに到着、最後に山登りしてゴール地点へ到着。
外に出てみると結構雨が降っていました。もっとすごい水浴びしてたしぜんぜん気にならなかった。
ゴールして気が抜けると一気に疲れが出てきました。
旦那様も私もがんばりました!!
事前に言われたとおり、使ってない筋肉はないってくらい全身がダルダル。
ヘルメット手袋ライフジャケットを脱いで、そのまま車に乗り込んで解散場所のひめしゃがの湯へ。
車の脇に簡易テント張ってもらって、水を含んで重たくなった沢タビとウェットスーツから身体を抜くと、もう気分は甲羅を外した亀仙人のじっちゃん。身軽~!!\(^o^)/

ここでツアーは終了。12時過ぎなので沢登りしてたのは約2時間ほど。
天候が心配だったので少し巻いて早めに切り上げになってたけど、ひどく雨に降られることもなくばっちりな判断。
それにこれ以上遊んでたらホント動けなくなっちゃうし。
少ないけど撮れてた写真データは明日センターに受け取りに行くことにしてガイドのクマさんとやっさんとはここでお別れ。
お世話になりました。ありがとうございました。

・小坂の沢登 大人の冒険の夏!
http://www.osaka-taki.com/tour_info/sawanobori/index.html

その2へ続く。
* Category : 旅memo
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
↓ポチっていただけるとヨダレ垂らして喜びますww
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
個別記事の管理2015-05-25 (Mon)
個々の日記はまたのちほど。

5/22(金)
10時頃出発。
R41をひたすら北上
通り道の養老軒に寄ってフルーツ大福と生どら焼き。
道の駅美濃白川でお昼ごはん。
14時頃下呂のホテルに到着チェックイン。
レンタル自転車確保。
準備してサイクリングで下呂の温泉街へ。
川上へ向かうので上り坂、20分くらいで到着、脚ピクピク。
温泉協会の事務所に行くが誰もいない。
向かいの小川屋で「湯めぐり手形」を購入。
まずは山形屋で最初のお風呂。
ロビーで飛騨牛乳飲んで、2軒目へ。
湯快リゾート下呂彩朝楽 別館。
内湯に浸かったあと、一度出て屋上の露天風呂へ。
どこもほぼ貸し切り状態。
かえる神社 (加恵瑠神社)
桔梗屋で清流あなごそばとけんちんそば。
下り坂をコキコキ15分、ホテルに戻って自転車返却。
車に乗り換えて20分ほど走って3軒目の神明山荘トロン温泉へ。
あまり放射能泉の実感はない。露天風呂からの星空がめっちゃ綺麗。
湯上がりにしらさぎ物語のアイス。
ホテルに戻ってきて、ベッドでラブラブ。
チェックイン時に予約したホテルの貸し切り露天風呂。
予約トラブルあったけど無事入れた。ジャグジー。
再び車で温泉街の超露天風呂「噴泉池」へ。
1時間ほど堪能、コンビニでお夜食買ってホテルに戻り、食べてから就寝。
AM3時頃かな。

5/23(土)
ラブラブx2回で起床。(^_^;)
朝食前にホテルの展望風呂へ。
朝食バイキング。
朝食後、ホテルの温泉大浴場へ。
チェックアウト、気になってたホテル向かいの市場へ行くが空振り。
下呂の朝市「いでゆ朝市」へ。去年も買った絶品トマトジュース購入。
さらに飛騨川上流に向けて出発。
飛騨小坂で県道437へ。
道の駅南飛騨小坂はなももで休憩&情報収集。
旦那様牛乳飲み過ぎでお腹不調。
ハンモック。さらに飛騨牛乳追加。
山の中へ。森の中でところどころに溶岩流の壁が見え、あちこちで道草。
覚明水でペットボトルに水を汲んだり、巌立地蔵で牛の鼻づらをくぐったり。
さらに進むと道が開けて目の前に巨大な溶岩流の壁がそびえてた。
道草してる場合じゃなかった。
wikiペディア「岐阜県指定の天然記念物で、高さ72m、幅120mの大岩壁。
溶岩が冷えて固まったときに柱状節理が出来、太さ数十cmの柱が並んでいるように見える。」
巌立峡、がんだて公園。
駐車場に車を停めて、とりあえず記念写真。
ハイキングの準備して、入り口で環境保護協力金を一人\200納めて出発。
初心者でも行ける一番手前のコースを1周約1km巡って戻ってくる。
滝、清流、溶岩流、緑、川魚。パワースポット。
気持ちよかった。楽しかった。
駐車場のがんだて茶屋でお昼ごはん。がんだてラーメンと飛騨牛トマトカレー。
巌立峡を出て麓の「ひめしゃが温泉」へ。
外にある飲泉場(温泉汲み場)で温泉を飲んでみるが、激マズ!
石と鉄の味がする天然ソーダ水。身体にはいいらしい。
クーポン使って\100引きで入場。
茶色く濁った温泉。
加温した湯船と、源泉そのままの冷泉も。
タオルがすぐに茶色に染まる。湯船の縁は鍾乳洞状態。
初めての泉質だったけど気持よくたっぷり堪能。
お風呂出てすぐ旦那様は湯当たり反応。アイスクリーム。
持ってきたポリタンクに温泉を汲んで出発。
行きにも寄った養老軒でさらに購入。発送など。
美濃加茂市の大戸屋で夕食。
午後9時頃おうち到着。
後片付けして就寝。

5/24(日)
温泉の好転反応が始まりダルダルねむねむ。身体が動かない。
朝食後、準備してバスで栄へ。
将棋棋士 加藤一二三九段の講演会。
「負けて強くなる ―わが将棋人生―」
早めに入って最前列ど真ん中確保。
湯当たりの眠気と必死に戦う。
講演会終了後、買った本とタオルにサインしてもらい記念写真。
オアシス21のパン屋さんでお昼&オヤツ。
バスでおうちまで戻ってきて、夕方食材のお買い物。
夜は作りおきカレーで簡単に。
11時頃早めに就寝。


写真はこちらで↓
https://twitter.com/kikuyo555/media
* Category : 旅memo
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
↓ポチっていただけるとヨダレ垂らして喜びますww
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
個別記事の管理2015-04-07 (Tue)
 2015040702.jpg
・4/3(Fri)
私お仕事、旦那様お休み。
お仕事帰りにM川でお注射チックン。女ホル通算38回目。
旦那様が夕食準備して待っててくれました。
前回飛騨牛の牛しゃぶした残りでホットプレートで焼きしゃぶ!!
ビールも。お肉三昧。うまうま。(*^^*)
お弁当と朝食の準備してラブラブして就寝。

・4/4(Sat)
私お休み、旦那様お仕事。
お洗濯お掃除などして、お昼に携帯リャリアの宅内電波調査。
窓際ならいいんだけど奥だと電波弱くて着信逃すのよね。
リピーターアンテナ立てることになりました。
ピザも焼ける大きなトースターに買い替えで新しいのを設置。
夕方食材のお買い物行って夕食準備して旦那様の帰りを待つ。
夜は疲れちゃって私のほうが先にダウン。

・4/5(Sun)
朝から雨だけどお出かけ。
まずは久しぶりに朝マックで朝食。いちごパイあまあま。
沖縄ういろ(黒糖ういろ)を買いに行くが注文販売のみになってて買えず。残念。
しまむらへ。旦那様の靴下と私の春物トップス数着買ってもらった。(*^^*)
「道の駅 立田ふれあいの里」へ。お野菜の買い出し。安くて新鮮。
スーパーのお野菜の値段が馬鹿らしくなってきちゃう。というかこんなに安くては農家の人に申し訳ないってレベル。イチゴも買いました。
道の駅で簡単にお昼ごはん。
ちらし寿司、押し鮨、れんこんの天ぷら。デザートはレンコンのソフトクリーム。
「飛島村:ふれあい温泉」へ。
ここの販売所でもイチゴ買っちゃった。
施設はいいんだけど、お湯が42度超えで熱い。泉質も悪くはなさそうだけど入ってられないので30分程度で退却。
不完全燃焼になっちゃうので、そのままいつもの「ドバドバ温泉」へ温泉のはしごすることに。
「桑名天然温泉 元気村さとの湯」へ。
ちょっと湯温高目だったけどやっぱりここが一番。
合計3時間ほど。いっぱいデトックス。
夕食は帰りの道すがらのスシローで。
デザートはいちごパフェ。(*^^*)
帰ってお片付けしてお弁当と朝食の準備してラブラブして就寝。
* Category : 旅memo
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
↓ポチっていただけるとヨダレ垂らして喜びますww
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。